Amazonの迷惑メールをクリックしてしまった時の対策とウイルス感染防止策について

Amazon.com

amazonからの不審メールを誤ってクリックしてしまったユーザーさんのお悩みを早期に解決できるように当記事を執筆しました。
当記事をご一読することで、詐欺・迷惑・ウイルスメールなどの特徴及び対処方法について理解を深めることができます。

また、厳選したウイルス対策ソフトの選び方などについてもまとめました。

これからセキュリティソフトの導入をご検討の方、セキュリティソフトの有効期限が間もなく切れてしまう方でもご満足していただける内容となっておりますので、ぜひ、ご参照いただけますと幸いです。

  1. 結 論
  2. 迷惑・詐欺メールにひっかかってしまったときの対処法とは
    1. 間違ってクリックしてしまった場合
    2. 個人情報(住所・電話番号・パスワードなど)を入力してしまった場合
  3. 実際にあった迷惑・詐欺メールの特徴からだましのテクニックを読み解く
    1. だましテクニックの特徴とは
    2. 実際に私のところにもamazonと名乗る詐欺メールが届きました
  4. 迷惑・詐欺・ウイルスメールの種類と手口とは
    1. 2.1フィッシング詐欺
    2. 2.2なりすましメール
    3. 2.3標的型攻撃メール
    4. ウイルス型メール
      1. マルウェア(不正プログラム)
      2. ランサムウェア(不正プログラム)
    5. パソコンの挙動がおかしい?ウイルスに感染してしまうとどうなるの?
    6. パソコンの挙動がおかしいと思ったら「IPA情報セキュリティ安心相談窓口」に連絡してみましょう
  5. 詐欺・迷惑・ウイルスメールなどへの具体的対策とは
    1. 迷惑メール・ウイルス対策ソフトの導入を行う
    2. 定期的に「ウイルススキャン」を行う
    3. 「講読解除」や「配信停止」はクリックしない
  6. ウイルス対策ソフトの選び方
    1. 第三者の調査機関のデータを参考にする
    2. 動作が軽いセキュリティソフトを選ぶ
    3. 「価格」と「インストール可能台数」にも注目して選ぶ
    4. お子さまのために「保護者機能」を重要視してソフトを選ぶ
    5. パソコンのソフトウェアとOSは最新版にしておく
  7. ウイルス対策ソフト「厳選3選」
    1. ESET
    2. ノートン
    3. カスペルスキー
  8. まとめ
スポンサーリンク

結 論

迷惑・詐欺メールをワンクリックしても法律で守られているので大丈夫ですが、もし、個人情報入力してしまった場合は、パスワード変更などの対処を早急に行うようにしましょう。

迷惑・詐欺メールにひっかかってしまったときの対処法とは

迷惑・詐欺メールに、もし、ひっかかってしまった時の対処法について以下で順番に解説します。

冷静になって、落ち着いて対処しましょう!

間違ってクリックしてしまった場合

クリックするつもりなかったのに誤ってクリックしてしまった場合、ワンクリックしたからといってその瞬間に個人情報が抜かれてしまうことはありませんのでご安心ください。
また、ワンクリックした時点で不当な高額請求をしてくる悪徳業者は無視して大丈夫です。

その理由としては、ユーザーは「特定商取引法」及び「電子消費者契約法」の2つの法律で保護されているからです。以下に「電子消費者契約法」でどのように守られているかについて解説してありますのでご一読いただけますと幸いです。

ちなみにワンクリック詐欺も進化していて、分かりづらいように支払い義務の規約をページに掲載して、1回ではなく、数回クリックさせ、高額請求をしてくるという手口もあるようです。
うさんくさいサイトを閲覧する際は、規約に高額請求が記載されていないか、あらかじめ先に確認することをオススメします。

もし、ひっかかってしまっても誤操作ですと、一点張りで主張すれば、法律が守ってくれます。
なので問題はないのですが、変なトラブルに巻き込まれると少しやっかいなことになることもありますので、そうならないようにするためにも一応規約は確認しておいてくださいね。

▼下記の太字を一読ください。太字の内容としては、購入する気がないのに誤操作により決済ボタンをクリックしてしまった場合、取り消しが可能であるということが記されています。
この「電子消費者契約法」により、インターネット・ユーザーは保護され、安心してインターネットを楽しむことができます。

一 消費者がその使用する電子計算機を用いて送信した時に当該事業者との間で電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示を行う意思がなかったとき。

二 消費者がその使用する電子計算機を用いて送信した時に当該電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示と異なる内容の意思表示を行う意思があったとき。

引用:平成十三年法律第九十五号、電子消費者契約に関する民法の特例に関する法律 「e-Gov法令検索



個人情報(住所・電話番号・パスワードなど)を入力してしまった場合

もし、誤って個人情報(アカウントID、パスワード)を入力してしまった場合は、早急に「パスワード」を変更してください。
サイトにログインする際、詐欺犯によってパスワードが変更されてしまっている場合は、「パスワードを忘れた場合」などからアクセスしてパスワードを変更するようにしましょう。

このようなことに巻き込まれないようにするためにも、パスワードには2段階認証を設定しておくことをオススメします。
パスワードに2段階認証を組み込むだけで詐欺被害に合うリスクがなくなるのでまだ設定されていないのなら2段階認証を設定しましょう。

2段階認証の設定方法についての詳細記事については二段階認証の設定方法の記事を参考にすると、2段階認証の理解がさらに深まると思いますのでぜひ、ご参照いただけますと幸いです。

実際にあった迷惑・詐欺メールの特徴からだましのテクニックを読み解く

ここでは、今までに実際にあった巧妙かつ日々進化し続ける迷惑メールと詐欺メールの「過去の事例」から、だましのテクニックについて読み解き解説していきます。

だましテクニックの特徴とは

「警告!」「緊急!」「アカウントがロックします!」など、いずれも受信者をあせらすような件名は迷惑・詐欺メールと考えて間違いありません。
この件名に対してさらに「こちらのボタンをクリックして…」「こちらからサインインして更新して…」などという誘い文句がありましたら即削除してしまいましょう。

どうしても気になる場合は、詐欺メールを完全に削除しない状態で、不審メールがなりすましていたサイトに直接連絡をして落ち着いて対処してください。
なお、迷惑メール相談センター(TEL: 03-5974-0068 )のリンクから「相談窓口」へと飛べますので早急に解決したい場合はこちらに問い合わせるのも解決策のひとつですのでご利用ください。

実際に私のところにもamazonと名乗る詐欺メールが届きました

Gメールの迷惑メールフォルダを確認してみると、私のところにも下図のような詐欺メールと思われる怪しいメールが届いていました。
私の場合は迷惑メールフォルダに入ってたからよかったですが、内容的に、何も考えずにいたら開封してしまうような文面でした。

きちんと文面を読めば不審メールだと気づく内容でしたが。参考までに以下にそのときに送られてきたメールを掲載します。

▼「自動更新設定を解除いたしました!」ってそんなことamazonしないでしょ!っていうツッコミどころ満載のタイトルですね。



▼かなりシンプルな文面です。「amazonのアカウントを更新できませんでしたってだから何なの?」っていう内容です。これは内容からして怪しいと分かりますね。なので、この内容でだまされることはありませんね。



▼「24時間以内にログインしなかったらアカウントの利用制限時間をします!」だなんて、そんなことある?という内容。これは完全に詐欺メールだなと疑いしかない文面ですね。



迷惑・詐欺・ウイルスメールの種類と手口とは

ここでは、詐欺メールおよび迷惑、ウイルスメールの種類と手口について以下で解説します。



2.1フィッシング詐欺

フィッシングメールは、IDなどのアカウント情報、パスワードをメールを釣り餌として釣り上げる、昔からある詐欺の手口のひとつです。
本物そっくりに作り上げた実在するショッピングサイト、またはネットバンクのWEBサイトに誘導して、ユーザーID、パスワードなどの入力をするようにうながしてきます。

ここでアカウント情報を入力してしまうとその情報は詐欺グループに抜き取られ犯罪に利用されてしまう可能性がありますのでご注意ください。
もし、すでにアカウント情報を入力してしまった場合はクレジットカード情報を入力してしまった場合の対処方法をご確認して落ち着いて対処しましょう。

2.2なりすましメール

なりすましメールとは、メールを送信した相手と同じメールアドレスで、メールを送ることで相手を驚かせ、相手の気をひき、送られてきたメールを確認させるという手法になります。
送信先アドレスと宛先アドレスをなぜ同じ状態でメールを送ることが出来るのかというと、それは「無料匿名メール送信サービス」を利用しているからです。

このサービスを活用することでなりすましメールを送ることができます。また、なりすましメールは、送信先アドレスと分かりずらくして「迷惑メール」のフィルタリングを回避できます。

こみつ
こみつ

迷惑フィルター機能」を利用することで、なりすましメールを受信できないように設定することも可能ですので詐欺被害に合う前に設定しておくようにしましょう。


2.3標的型攻撃メール

標的型攻撃メールとは秘に値する極秘情報や個人情報及び顧客情報を盗み取ることを目的に送るメールのことをいいます。ターゲットは金融機関、役所・裁判所・国会などの官公庁になります。

標的型攻撃メールにはウイルス付きの添付ファイルが貼り付けられていて、そのファイルを開くと、添付ファイルを開いたパソコンが、まず感染し、インターネットのネットワークでつながっているパソコンに次々と感染していきます。

結果、個人情報などが情報流出したり、不正アクセスによる送り付け詐欺などの犯罪に利用されてしまいますので、防止策として、情報セキュリティの基礎を学ぶための教育を行い、ひとりひとりのセキュリティ意識を高めることが効果的です。
とにかく安易な考え方で、添付ファイルをクリックすることは危険だということを周知徹底することが重要です。

こみつ
こみつ

また、セキュリティ意識の向上をねらい、eラーニング教材・eラーニングシステムを活用し、情報セキュリティ講座のeラーニング教育を受講することも有効的ですね。


ウイルス型メール

ウイルス型メールは添付ファイルを開くと感染してしまうことで知られていますが、他にもHTMLメールを開いたり、プレビュー画面やメールに添付されたWord文書ファイルなどの「コンテンツの有効化」をクリックしてしまうだけでも感染してしまうメールも存在します。

さらに感染型ウイルスといわれるホームページサイトを開き、閲覧するだけで感染してしまうケースもありますので、添付ファイルだけ開かなければよいというわけではありません。
また、ウイルス感染してしまうと第三者の遠隔操作により、ユーザーのパソコンからウイルス型メールを拡散されてしまい、罪が自分にふりかかってきたという事例もありますのでご注意ください。


マルウェア(不正プログラム)

マルウェアとは、ウイルスワームトロイの木馬など、パソコンを不正に動作させてしまう、悪意のかたまりのようなソフトウェアまたはコードのことを呼びます。


ランサムウェア(不正プログラム)

ランサムウェアとは、マルウェアの一種で、感染すると保存データにアクセスできないように強制的にロックがかかったり、暗号化されてしまい、「制限を解除したければ身代金を支払いなさい」と請求してくる不正プログラムのことを呼びます。

こみつ
こみつ

ちなみにランサムウェアという呼ばれ方は、ランサム(Ransom)は身代金という意味でウェアはソフトウェアからきているそうです。参考までに。


パソコンの挙動がおかしい?ウイルスに感染してしまうとどうなるの?

パソコンがウイルス感染した場合の症状については以下になります。


  1. パソコンを使用中、パソコンの操作ができなくなってしまう
  2. パソコンに保存していたデータが根こそぎ抜きとられてしまう
  3. パソコンのブラウザが開けなくなる
  4. パソコンの保存データが削除されたり、破壊されてしまう
  5. 遠隔操作により、他のパソコンへ勝手にウイルスメールを送信する
  6. 下図のように「ウィルスに感染しました」「システムチェックを強くオススメします」などのポップアップまたはメール送られたりしてくる


▼「警告!」と題してポップアップされたりしたらウイルスに感染しています。下図は実際にウイルス感染した私のスマホです(笑)
スマホの場合、ウイルス感染するとオンラインウイルススキャンをまず行い、不具合が改善しなければ、初期化しないと不具合修復しないみたいです。私の場合はオンラインウイルススキャンでも不具合が解消しなかったので、なかなか面倒くさいことになってしまいました



パソコンの挙動がおかしいと思ったら「IPA情報セキュリティ安心相談窓口」に連絡してみましょう

ここ最近、パソコンの操作性が悪い、やたらと警告表示のポップアップが出てくると感じたら、まずウイルス感染を疑いましょう。
ウイルス対策ソフト、セキュリティソフトによるオンラインスキャンを使用しても不具合が改善しない場合、初期化しないといけないので事前にデータを保存しておいてください。

こみつ
こみつ

初期化設定しても不具合がなおらない、またはパソコンが起動しなくなってしまった場合は、「IPA情報セキュリティ安心相談窓口」に相談しましょう。現在、相談窓口では電話郵送による問い合わせは2021年4月27日をもって終了していますが、メールFaxでのご相談は可能ですのでご安心ください。



詐欺・迷惑・ウイルスメールなどへの具体的対策とは

ウイルス型メールや感染型メールは日々進化してきています。ここからは、ウイルス対策として効果的な方法について解説していきたいと思います。ご参照いただけますと幸いです。


迷惑メール・ウイルス対策ソフトの導入を行う

手っ取り早い対策方法としては「迷惑メール・ウイルス対策ソフト」を導入することです。多少のコストはかかってしまいますが、ウイルス感染による情報流出のリスクに比べたら安いものです。導入がまだということでしたら、対策ソフト導入について今一度お考えになってみてください。


定期的に「ウイルススキャン」を行う

ウイルス対策ソフトを導入しても定期的にウイルススキャンを行わないと、新種ウイルスには対応することができません。確実にウイルススキャンを実行し、「ウイルス定義ファイル」を更新するようにしてください。ウイルス対策ソフトを導入しても、定期的にウイルススキャンを実行しないと導入した意味がなくなってしまいますので。

「講読解除」や「配信停止」はクリックしない

迷惑メールが届いたら即削除しましょう。削除してしまうことが一番の対策になります。
下手に下図のような購読解除配信停止をタップしてしまうと、送信先にメールアドレスが有効かどうかが分かってしまうので、数日後、迷惑メールが大量に届くようになってしまう可能性があります。
このような迷惑メールはすぐに削除してしまいましょう。



ウイルス対策ソフトの選び方

ウイルス対策ソフトはWindowsだけでも20種類以上あり、どれが適切なのか、コスパがよいのか悩みます。そんなお悩みを早期に解決できるように以下で「ウイルス対策ソフトの選び方」について解説します。以下で解説している内容を考慮に入れ、セキュリティソフトのお試し版で試してみることをオススメします。

第三者の調査機関のデータを参考にする

ウイルス対策ソフトなのに、ウイルスの検出力が低かったらセキュリティソフトをつかう意味がありません。検出力の性能を見極めるには中立的立場にある以下のような第三者の調査機関の検証結果を参考にすると比較しやすくオススメです。

  1. AV-TEST  
    所在地:ドイツ
    検出力と負荷率を評価
  1. AV-Compa-ratives
    所在地:オーストリア
    検出力と負荷率を評価
  1. SE Labs
    所在地:イギリス
    検出力のみ評価


動作が軽いセキュリティソフトを選ぶ

企業で取り扱うのにもそうなんですが、個人で扱うのにもとても重要な要素といえるのがパソコンの動作に影響をほとんど与えないということです。
ようするにセキュリティソフトを導入してもコンピュータを快適に操作できなければユーザーは満足できないということです。

パソコンのスペックにもよりますが、バックグラウンドで動き続けるセキュリティソフトが作業の邪魔をしてはもともこうもありませんので、なるべく動作が軽いソフトを選ぶようにしましょう。


「価格」と「インストール可能台数」にも注目して選ぶ

セキュリティソフトの価格を極力おさえて利用したいのでしたら、1年プランよりも、3年、4年などの複数年プランが年間の価格コストを下げれる傾向にありますので、コスパよくセキュリティソフトをご利用になりたいのであれば複数年プランがオススメです。

また、複数台の端末(スマホ・タブレットなど)でのご利用を検討しているのであれば、セキュリティソフトのインストール可能台数も必ず確認するようにしましょう。
セキュリティソフトを複数台で利用したかったのに後になって、インストール可能台数が足りなかったということになると大変残念な結果になってしまいますので。


お子さまのために「保護者機能」を重要視してソフトを選ぶ

「青少年インターネット環境整備法」(平成21年4月1日より施行)により、人生経験の浅い、未成熟な子どもたちをアダルトサイトや危険な掲示板から守るのが親の義務、責任となりました。
「保護者機能」が設けられているセキュリティソフト(ノートンカスペルスキービットディフェンダー)なら、利用時間の制限を設定したり、悪質で危険なサイトをフィルタリングし、アクセスできないように閲覧の制限を設定できます。

また、子どもが何をしているか履歴などの通知設定で確認することなどもできます。お子さまが安心してインターネットをご利用できる環境づくりには「保護者機能」は大変オススメです。


パソコンのソフトウェアとOSは最新版にしておく

パソコンのソフトウェアとOSは定期的に「最新版」に更新しておきましょう。
最新版に更新しておかなければ、セキュリティーホールというセキュリティ上の欠陥や問題点となってしまい、ウイルス感染ハッキング不正操作などのトラブルに巻き込まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

以上のことからも分かるように、定期的なソフトウェアとOSの更新は必ず行い、ウイルスなどの感染リスクから身を守るように日頃から心がけるようにしましょう。

こみつ
こみつ

ちなみにセキュリティーホールのことを脆弱性(ぜいじゃくせい)とも呼びます。



ウイルス対策ソフト「厳選3選」

ここでは、中立的立場であるセキュリティソフトの調査機関が厳しく評価し、その中でも高評価を獲得したセキュリティソフトを3選にまとめ、以下で紹介します。
なお、ご契約前に無料体験を利用し、各セキュリティソフトの動作確認をしっかり行ったうえで導入されることを強くオススメします。


ESET

ESETはウイルスバスターやマカフィーのように知名度はありませんが、SNSなどでは、セキュリティソフトなのに「情報処理が早くて軽い、邪魔にならない」などの評判が高く、第三者機関からも評価されているセキュリティソフトです。

【価格】

1年、1台 4,950円

1年、5台 7,480円

3年、5台 9,900円

30日間の無料体験版はこちらから


ESETの受賞歴一覧

アンチウイルス業界で世界的に権威のある評価機関がESETを高く評価

VB100アワードの通算100回受賞を最初に達成したセキュリティベンダーアンチウイルス業界で最も権威あるイギリスの第三者評価機関「VirusBulettin」による、実際に流行ているウイルスサンプルに対する検出テスト「VB100 アワード」において、ESET社は通算100回の受賞を数あるセキュリティベンダーの中で最初に達成しました。

同賞の通算100回受賞は、ESET製品が現在主流のウイルスを高い精度で検知し、かつ正当なファイルに対する誤検知が少ないことを証明しています。

AV-Comparatives.org の新種・亜種のウィルス検出テストで最高評価である「ADVANCED+」を最多受賞しています。



引用元:「第三者機関による評価と受賞一覧 キャノン



ノートン

ノートンは、使用中、パソコンの動作が重いなと感じることなくつかえるセキュリティソフトです。ただ、アドオンをブラウザに追加してしまうと、パソコンの動作が急に重くなり、操作性が悪くなってしまうのでご注意ください。

また、ノートンのオンラインコード版を購入すれば、即時インストールが可能ですし、ゴミも一切出ませんのでとてもエコにセキュリティソフトの更新が行えます。

【価格】
1年、1台 4,780円
1年、5台 7,980円
3年、5台 15,980円

30日間の無料体験版はこちらから

60日間の返金保障あり



カスペルスキー

検出率と軽さでSNS上でも高評価を得ているカスペルスキー。ウイルス対策はもちろん、悪質なサイトへのアクセス防止、自宅のWi-Fiや周辺機器の通信を暗号化し保護する多種多様なプライバシー機能など、カスペルスキーはセキュリティ機能が大変充実しているセキュリティソフトです。

また、カスペルスキーはマルチデバイス対応なのでパソコンをはじめ、スマートフォン、タブレットなどでもご利用が可能です。
カスペルスキーは第三者機関からの評価も高く数々の賞を受賞しているので安心してセキュリティをまかせられます。

カスペルスキー受賞歴一覧

【価格】
1年、1台 4,054円
1年、5台 5,072円
3年、5台 12,375円

30日間の無料体験版はこちらから




2021年2月12日

「カスペルスキー インターネット セキュリティ」が、AV-Comparativesの年間最優秀製品賞(Product of the Year)を受賞

同製品は、Windows向けセキュリティ製品を対象にAV-Comparativesが2020年に実施したテストにおいて、最高位の「Advanced+」を合計7回獲得し、年間最優秀製品と位置づけられました

引用元:「カスペルスキーセキュリティ ニュース


まとめ

amazonを名乗る詐欺メールをクリックしても、個人情報(パスワードなど)を入力しなければ大丈夫です。
数日後、パソコンの挙動がおかしくなった場合はウイルス対策ソフトを利用してウイルススキャンを行い、不正プログラムに感染していないか必ず確認しましょう。

悪質なウイルスは遠隔操作などであなたのパソコンからウイルスメールをバラまくことも可能ですので。ウイルス対策ソフトを導入していないのであれば、当記事で紹介した厳選したセキュリティソフトの「無料体験版」をぜひ、ご利用いただければと思います。

どのセキュリティソフトも30日間は無料体験が可能です。ノーリスクでウイルススキャンを行い、早急に脅威を排除してしまいましょう。
また、詐欺メール関連でどうしても解決できないことがあれば、迷惑メール相談センター(TEL: 03-5974-0068 )に直接ご相談いただければよいかと思います。ユーザーさまの早期解決をこころより願っております。

komitsu

20代後半は英語版遊戯王のネットショップを副業としてやってました。その後、ebayせどりを経て、現在はAmazonファンとしてブロガーやってます。
脱サラと妻を専業にすることが目標です。まだまだブログ一本で食べていけてませんが、それなりの結果が出てきたので読者さんの気づきになれればと思い記事を書いてます。よろしくお願い致します。

komitsuをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Amazon.com
komitsuをフォローする
スポンサーリンク
こみつぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました