アマゾンで実際にアレクサを購入したのでこれは使えるという便利機能を一挙ご紹介

今回の記事は日々進化しているアレクサの機能について、私が実際によくつかう機能などもまとめて分かりやすく紹介しています。

アレクサの機能は底がしれないほど多くあります。

そのため当記事もそれに比例してボリュームがありますので目次からご興味のあるところへ飛んでご覧になることをオススメします。

それでは順番に解説していきます。


なお、以下の記事ではアレクサを実際につかって感じたリアルな感想について紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

≫アマゾンのアレクサ(エコードット)を第3世代・第4世代で比較してみた【レビュー】

目次

結 論

アレクサ端末を活用するためには「アマゾンプライム加入」は必須。

また、自宅をスマートホーム化するには「アレクサ端末」と「スイッチボット」が必要となります。



私(家族)がアレクサでよく利用する便利な機能ランキング「TOP10」

以下、私の家族がよく使っているアレクサの機能についてランキング形式でまとめてみました。ご参考になれば幸いです。

  1. タイマー
  2. リマインダー
  3. やることリスト(定形アクション)
  4. 天気予報、花粉の飛散情報
  5. NEWS(株式関連)
  6. 作業BGMを音楽をたれながす
  7. バレエの音楽をながして踊る(こども)
  8. ピカチュウを呼ぶ(こども)
  9. 時間を聴く
  10. スマートホーム

ちなみにうちの嫁ちゃんは、アレクサに時間を聴きます。

なのでクロック表示されているエコードットをつい最近、あらためて購入しなおしました。笑


タイマー

タイマー機能は、パスタまたは袋麺をゆでるときなどに活用します。

発話だけでタイマー設定ができるのは、つかってみれば分かると思うんですが、とても利便性が高いですよ。


リマインダー

リマインダー機能は、指定した時間にあらかじめ設定しておいたスケジュール名を読み上げてくれる機能です。


やることリスト(定形アクション)

アレクサに定形アクションをセットすると「アレクサ、いってきます」と発話することで「スマホとマスクは持ちましたか?」などの音声アシスタント、天気予報など、複数のアクションをおこなわせることができます。

定形アクションは、なにげに便利で、私はこの機能のおかげでスマホを忘れることがなくなりました。(笑)


天気予報、花粉の飛散情報

花粉の飛散情報はよく嫁ちゃんが使っています。

花粉症のひとにとってはありがたい機能ですね。


ニュース(株式関連)

アレクサでは、一般のニュース情報が聞けます。

また、「アレクサ、株式ニュースを聞かせて」と発話することで最新の株式・マーケット情報などもながすことが可能です。


作業BGMをたれながす

私はパソコンでブログの記事などを書いてるときなど、何か作業をしているときなどにアレクサで作業BGMをたれながしして利用しています。

音楽をながしながら作業を行うと、テンションがあがって気持ちよく作業ができるのでオススメです。

人によるでしょうけど。(笑)


バレエの音楽をながして踊る(こども)

我が家の娘たちは、バレエを習っているのでアレクサでバレエの曲をかけてバレエの練習をおこなっています。

また、おかあさんといっしょの曲をかけ、おうたの練習もしています。


ピカチュウを呼ぶ(こども)

アレクサに「アレクサ、ピカチュウを呼んで」と発話すると、アレクサからピカチュウが「ピカピカーピカチュウー」とはなしかけてくれるようになります。

はじめのうちは娘たちもハマっていましたが、現在はたまぁに利用する程度に使用頻度が減りました。


時間を聴く

これはうちの嫁ちゃんがよくやります。アレクサに「アレクサ、今何時?」と発話すると、アレクサに時間を聞けます。

我が家は無駄な発話をなくし、効率化するためにアレクサのクロック表示付きのアレクサを結局、購入しなしました。(笑)


スマートホーム化してスイッチボットを活用する

スマートホーム化するにはアレクサとスイッチボットが必要です。

各種のスイッチボットをセットすることで、電気をつけたり、テレビをつけたり、カーテンを開けたり、エアコンを作動させたりすることができるようになります。

スマートホーム化するための具体的な方法については以下の記事を参考にしてください。

読者さんのご参考になれば幸いです。
>【レビュー】SwitchBot こそ最強のスマートホームデバイス!Hub mini等を駆使して色んな家電をIoT化。「Internet of Thingsとは、モノをインターネットにつなげる技術という意味です」



アレクサでできる機能一覧

ここでは、アレクサで出来ることについてまとめて紹介します。


①好きな音楽配信サービスから音楽が楽しめる

アレクサ端末で利用できる音楽配信サービスはプライムミュージックだけではありません。

以下、アレクサ端末で利用可能な音楽配信サービスとなります。

  1. Prim Music(プライムミュージック)
  2. Spotify(スポティファイ)
  3. Apple Music(アップルミュージック)
  4. AWA
  5. TuneIn Radio(チューンインラジオ)
  6. うたパス
  7. dヒッツ


<発話例>

  • 「アレクサ、スポティファイでおすすめの洋楽をかけて」
  • 「アレクサ、1980年代のオススメをかけて」
  • 「アレクサ、ジャズをかけて」

アレクサに「曲名、年代、アーティスト名、ジャンルなど」を指定すると、その場の雰囲気にあわせた音楽をながすことができます。


②エンタメを楽しむ

アレクサ端末を利用すれば、カラオケ、VOD(動画配信サービス)を存分に楽しむことができます。

エコーショー(Echo Show)シリーズで視聴できる動画アプリは以下となります。

  • プライムビデオ
  • Netflix
  • Youtube
  • ひかりTV


「Fire TV Stick」対応の動画配信サービスは以下

Fire TV Stickとエコーショーで視聴できる動画配信サービス数を比較すると、Fire TV Stickの方が圧倒的に視聴できる動画配信サービスが多いことが分かりますね。

  1. プライム・ビデオ
  2. U-NEXT
  3. Netflix
  4. Hulu
  5. FODプレミアム
  6. Paravi
  7. Disney(ディズニープラス)
  8. dTV
  9. dアニメストア
  10. バンダイチャンネル
  11. DAZN


無料の動画配信サービス

  1. YouTube
  2. ABEMA
  3. GYAO!
  4. TVer
  5. Twitch
  6. cookpadLive


③やることリストを習慣化できる(定形アクション)

アレクサに定形アクションをセットすれば「アレクサ、おはよう」など、アレクサのアプリで設定した発話またはアラームに音楽、天気予報、エアコンを消したり、アレクサにおしゃべりさせたり(音声アシスタント機能)と複数の操作性をもたせることができます。

定形アクションでできることは自由度が高く、いろいろなことに応用可能です。

定形アクションをライフスタイルにとりいれ、何か習慣化させたいことがあれば、ぜひ利用してみてください。


④エコーショーを活用して料理する


エコーショーのようにディスプレイが搭載されているアレクサ端末なら、レシピサービス「クックパッド」のスキルを有効にすることで料理のレシピや料理の動画を見ながら調理ができます。

「クックパッド」のスキルの有効活用方法については以下の記事をご覧ください。
>アレクサ、夏のおすすめレシピを教えて!


⑤タイマー

<発話例>

「アレクサ、5分タイマーかけて」

「アレクサ、タイマー5分」

上記のような発話をアレクサにすることで簡単にタイマーをセットすることができます。


⑥リマインダー

リマインダーとは、スケジュールの時間とスケジュール名をアレクサに発話することでセットできます。

予定時刻になると、スケジュール名をアラームのように読み上げながら知らせてくれます。


⑦スマートホーム化

多種多様なスイッチボットを利用することで、電気を消したり、テレビをつけたり、コーヒーメーカーを作動させたり、カーテンを閉めたりと様々なことができるようになります。

未来のライフスタイルのようですが、アレクサとスイッチボットを使うとなんなくそんな未来の生活を手にいれることが可能です。


⑧内線、電話、ビデオ通話(料金なし)

スマホからアレクサに対して電話をかければ、インターネット電話で通話することができます。

なお、インターネット環境での通話になりますので料金は一切かかりません。

また、おうちにアレクサを2台セッティングすれば内線電話としても利用できます。


⑨お買い物(商品の追加、再注文ができる)

▲アレクサで注文すると上記のようにカートに追加されます▲


<発話例>

「アレクサ、電池を注文して」または、

「アレクサ、ミネラルウォーターを注文して」と発話すると、アレクサがおすすめの商品をカートに入れてくれます。そして、アレクサに「アレクサ、今すぐ商品を注文して」

と発話すると注文することが可能です。


➉スキル

以下のようなスキルを設定することでアレクサを様々なことに利用することが可能です。

  • ピカチュウ
  • ディズニー絵本
  • 脳トレ
  • 運勢


また、アレクサは以下のような「小学生・中学生向けにピッタリな学習スキル」も習得可能です。

  • 都道府県マスター
  • 日本史ナビ
  • 足し算のお勉強
  • 偉人の名言
  • 今日のことわざキッズ
  • 子供英語ービギナーレベル
  • 中学歴史クイズ
  • 中学地理クイズ
  • 中学公民クイズ

上記スキルについてさらにくわしく知りたいかたは以下の記事をご覧になってみてください。ご参考になれば幸いです。
>アレクサ活用法!子供におすすめのスキル 50選【小学生編】



アレクサは第三世代から第四世代に進化したことでなにが変わったの?

アレクサは、第三世代から第四世代に進化したことでとくに見た目が変わりました。

第三世代よりも第四世代のアレクサの方がインテリアとしても相性がいい見た目となり、音質も第三世代のようなこもった感じがなくなり飛躍的に向上しています。



アレクサ搭載の「Jabra Elite(ジャブラ) 製品(ワイヤレスイヤホン、スマートスピーカー、オーディオデッキなど)」ってご存じですか?

読者さんは、BOSEまたはSONY、Kenwoodにもアレクサ(音声アシスタント機能)が搭載されている機器があることをご存じでしょうか?

アレクサが搭載されている端末はAmazo製品だけではなくなりました。

一流企業の製品にもアレクサ(音声アシスタント機能)が搭載されはじめてきています。

なお、アマゾンプライムではとくに「Jabra Elite(ジャブラ) 製品」が人気があり、評価も高くなっています。

「Jabra Elite(ジャブラ)製品」について深掘りして確認したいかたは、以下の記事をご参照ください。
>AirPodsより便利!Alexa搭載とマルチペアリングで最強の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite 65t」をレビュー!

>Jabra Elite 85t で Amazon Alexa を有効にするはどうすればいいですか?



アレクサの「マルチリンガルモード」を利用すると簡単な英会話がバディ学習できます

2020年11月19日から国内でも利用できるようになった「マルチリンガルモード」をつかえば、対象のアレクサに対して英語または日本語で発話しても受け答えができるように設定できます。


設定方法については以下のとおり。

①音声で設定

対象のアレクサに対して「アレクサ、日本語と英語で話して」と発話すると、マルチリンガルモードが設定できます。


②アプリ(アレクサ)で設定

アレクサアプリを起動して

下段の[デバイス]をタップ>[全てのデバイス]>マルチリンガルモードを設定したいデバイスをタップ>[言語]>[日本語 / English]と順番にタップしていくと、マルチリンガルモードが設定できます。

▲赤枠の「Englishと日本語」をクリックすると設定完了です▲


③エコーショー(Echo Show)で設定

エコーショーのスクリーン画面を下にスワイプ>[設定](アイコン)>[デバイスオプション]>[デバイスの言語]>[日本語 / English]の順番でタップ。

マルチリンガルモードの設定が完了すると、「日本語+英語」に設定が切り替わり、設定完了となります。



みんなのアレクサ活用術(口コミ・レビューまとめ)



さいごに

エコードット(アレクサ端末)を購入してはじめは「これつかうぅ?」といっていた嫁ちゃん。

今はタイマー、音楽をながしたりとめちゃくちゃ活用してます。

まーつかわないと損ですからね。はじめ反対されていたこちら側としては「なんでやねん!」となりますが。

という感じで、アレクサ端末はつかえばつかうほど暮らしになじんで味がでてきます。

スマートホーム化もWIFI環境があればあっという間に設定できます。

もし、予算に余裕があれば、スマートホーム化をぜひお試しされることをオススメします。

スマートホーム化すると、電気、テレビ、エアコンを発話もしくはスマホから操作できるのでとても便利ですよ。


また、アレクサの学習スキルを有効にすれば、小学生から中学生のお子さまにピッタリな学習スキルが利用可能です。学習スキルの内容としては以下になります。

  • 日本史ナビ
  • 都道府県マスター
  • 足し算のお勉強
  • 中学歴史クイズ
  • 中学地理クイズ
  • 中学公民クイズ


スキルを利用することで様々なことをアレクサを発見することができます。

実際にどんどんアレクサを活用し、体感してアレクサの良さを感じてみてください。

こみつ

発話だけで操作することの便利さを肌で感じると、いよいよアレクサを手放せなくなりますよ。(笑)


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる