MENU
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

自宅コーヒーを手軽に楽しむための5つの道具とオススメの豆についてガッツリ紹介します

今回の記事は、今まで缶コーヒーで満足していたけど、自宅でコーヒーを淹れてオシャレにおうち時間を過ごしたいという方、また、なるべく安く、コスパ重視で自宅コーヒーをはじめたいという方向けの記事となります。


▼この記事は以下のようなかたにオススメ

  • 自宅コーヒーをはじめるときに必要な道具について知りたいかた
  • 最低限の予算で自宅コーヒーをはじめたいかた


自宅コーヒーを美味しく入れるにはまず、当たり前のことですがコーヒーを淹れるための道具が必要です。

とはいってもコーヒーミルやコーヒー豆はそんなに安いものでもありません。当記事では手軽に自宅コーヒーデビューができるようにコスパ重視におもきをおき、最低限必要な道具について紹介していきます。

もちろんコスパのよいコーヒー豆も一緒に紹介していきますのでご安心ください。

今回の記事をご一読していただくことで、予算のハードルをかなり下げて自宅コーヒーをはじめることができます。

低予算から自宅コーヒーをはじめられれば言うことないですよね。

それでは以下で順番に紹介していきます。

こみつ

あなたのコーヒーライフのご参考になれば嬉しいです。


目次

結 論

自宅コーヒーを最高に美味しく淹れるためには、まず、最低限の5つの道具をそろえましょう。

また、コーヒー豆には1杯当たり40円程度で淹れれる「マイルドカルディ」などがコスパもよく、オススメです。


最低限そろえておくべき道具はこの5つ

ここでは、「自宅で美味しいコーヒーを淹れるために必要な5つの道具」について紹介します。

何事も準備をしなければ始まりませんので、まずは最低限の道具をそろえることから始めてみましょう。


  1. コーヒーミル
    created by Rinker
    HARIO(ハリオ)
    ¥2,000 (2022/05/20 22:36:58時点 Amazon調べ-詳細)
  2. ペーパーフィルター
  3. ドリッパー
    created by Rinker
    HARIO(ハリオ)
    ¥356 (2022/05/20 22:37:00時点 Amazon調べ-詳細)
  4. コーヒースケール
  5. ドリップポット
    created by Rinker
    HARIO(ハリオ)
    ¥2,627 (2022/05/19 23:55:12時点 Amazon調べ-詳細)


この中でも美味しいコーヒーを淹れるためには、スケールとドリップポットが必要不可欠です。

私は初め、美味しいコーヒーを淹れるためにスケールとドリップポットがどれほど重要かが分かっていなかったので、満足いくコーヒーを淹れれませんでした。

それがスケールとドリップポットを使いだすと、安定した美味しいコーヒーを淹れれるようになりました。

自宅コーヒーを楽しみたいのであれば、最低限の道具はそろえておくようにしましょう。



手動コーヒーミルなら、100均で「550円」で販売されている

私はamazonで8,000円の電動コーヒーミルを最近購入しましたが、コーヒーミルって100均にも売っているんですね。

なんと価格が550円!

コーヒーミルがこんなに安く買えるなんてめちゃくちゃいい時代になりましたね。

というわけで、私もコーヒーミルを100均で購入してみました。

使い勝手がいいのはダイソーかな。

ミル本体のハンドルが短い方がいいかたはキャンドゥのコーヒーミルがいいかも。

どっちにしても超安価で買うことができるコーヒーミルなので購入して試してみる価値はあります。


▼ダイソーとキャンドゥで「550円のコーヒーミル」を比較してみた



予算をおさえるなら「100均」でひと通りそろえるのも一つの手

初めての自宅コーヒーで予算をなるべくおさえたいかたにオススメしたいのが100均。

今の時代、100均でそろわない商品はないというほど、100均グッズは多種多様。

かりん

なんとコーヒーミルまで売っていました。100均、おそるべし…。


  1. コーヒーミル (ダイソー) 550円
    >このミルは人気ありすぎて店頭で手に入りにくくなってます。
  2. ペーパーフィルター (ダイソー) 110円
  3. ドリッパー KONOS (ダイソー) 110円
  4. キャニスター (ダイソー) 110円
  5. コーヒースケール (Amazon) 1,280円
  6. ドリップポット (Amazon) 930円


電気ケトル、電気ポットがない方は「電気ドリップポット」がオススメ!

▼ひとつ二役の電気ドリップポットはこちら。温度設定ができるので最適な温度でコーヒーを淹れることが可能。


コーヒースケールに関しては細かい分量を正確にはからなければいけないので2,000円以内のものを購入しましょう。

個人的にはAmazonで購入できる「タニタのスケール」が安くて使えるのでオススメです。

また、タイマー付きのスケールを利用すれば、より細かいドリップを正確におこなうことができます。

ワンランク上のコーヒーのドリップを目指したい方は、タイマー付きのスケールを購入するとよいでしょう。


▼タニタの今バカ売れ中のスケールがこちら


Amazonなら「930円」で高評価のオシャレなドリップポットが買えちゃいます。

実際私も購入してつかってますが、問題なく美味しいコーヒーを淹れれるのでオススメです。


▼めちゃくちゃコスパが高いドリップポットはこちら



コーヒー豆をコスパ重視で考えるなら「カルディマイルド」が超オススメ!

マイルドカルディはコーヒー豆 200gで496円。一杯当たり「40円 程度」で美味しいコーヒーが楽しめます。

ちなみにマイルドカルディもそうなんですが、安いコーヒー豆には理由があります。

その理由は、コーヒー豆の中に不良豆が多いからです。

なので安いコーヒー豆をさらに美味しく飲むためには、いったんコーヒー豆をトレーなどの受け皿に出し、いい豆と悪い豆を選別する必要があります。

高価なコーヒー豆はあらかじめこの作業を行っているので良質な味を安定して楽しむことができるのです。

めんどくさい作業ではありますが、このようなひと手間を加えるだけで、さらに美味しいコーヒーが飲めますので時間があるときにでもぜひ、試してみてください。




さいごに

自宅コーヒーを実現させるために、まずはコーヒーを美味しく淹れるために必要な道具を準備しましょう。

そしてコーヒーの淹れ方については以下の動画を参考にすると理解しやすいのでオススメです。

また、道具にコストをあまりかけたくないという方にオススメなのが、100均の「550円」の手動コーヒーミルです。

550円なので保証はありませんが、コスト削減におもきをおいている方にはニーズのあったよい商品だと思います。

それでは良質なコーヒーライフをお送りください。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる